東京都内のイベントに、出張でマジックショーを届けています、プロマジシャンのKENTOです。今日は、このテーマについて、書いてみたいと思います。

世界の壁は厚い

国内外のマジシャンを比べると、規模の違いを目の当たりにします。Forbesが2017年、「世界で最も稼いだ7人のマジシャン」を発表して居るのですが、ご存知ですか?

最も稼いだのは、彼のデイビット・カッパーフィールドさん。日本円換算で年収60億円です。第2位のペンアンドテラーさんが30億、第3位のクリスエンジェルさんが14億。

カッパーフィールドさんは、世界のセレブランキング第5位にも入るほどで、2016年時点ではマドンナやタイガーウッズより資産があるそうです。正真正銘の大スター。

国内に目を向けてみると、最近で一番稼いだスターマジシャンは、マリックさんとセロさんでしょう。お二人で言うと、ピークの時でおそらく年収数千万、多くて1億くらいでしょうか。それを考えると、世界の壁の厚さがよく分かります。

 

世界のトップ達はコンスタントに10億とか稼いでますからね、、、向こうでは、ホテルと専属契約したり、大きいシアターを貸し切って連日ショーを行う文化がある。

一方、日本でのマジシャンの立場はまだ弱いです。マジックの世界と音楽の世界を比べると分かりやすい。テレビでマジックを見たことある方は沢山いても、お金を払ってマジックショーを見に来てくれる人はごく僅か。

 

コンサートやライブにチケット買って行くのは珍しくありませんが、マジックバーは珍しいところですからね。

この辺を徐々に変えて行くのが、僕の中でのちょっとしたゴールです。まだまだ伸びしろあると思うので、この業界、盛り上げて行きたいですね。

忘年会や結婚式など、東京都内のイベントに出張マジックショー!

マジシャン派遣なら、経験豊富なKENTOにお任せください。あなたの宴会を、盛り上げます!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK